スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手を合わせ 心を合わせ
2010年07月27日 (火) | 編集 |
方広寺 和尚様の法話は約一時間。
いろいろなお話をいただき束の間の
心のお洗濯となりました・・



201007266.jpg
こちらは方広寺のご本尊様

ちょうど期間限定でご開帳されていました。

間近に見る事ができ、ありがたい~~

写真を撮りながら、「はっ、まず先に拝まねばバチがあたるかも」
とお賽銭を入れる心が既にバチあたりなような・・(笑)


まあ、それは置いておいて、
こんな有難いお釈迦様を前にすると
なぜか手を合わせたくなります。



合掌礼拝(がっしょう らいはい)というと

仏式の葬儀の時や
お仏壇やお墓参りの時に仏様に対してするもの・・

というような意識がありましたが
これにはもっと広い意味があるということでした。



人 動物 物 自然
この世のすべてのものを慈しみ 敬い 感謝し
手を合わせ頭を下げる


自分に対して愛情を持って接してくれる人は元より
苦行をもたらす相手に対しても

たとえ敵であっても

まずは感謝の心で手を合わせることを忘れない。



衆生みな仏なり




手を合わせ 心を合わせ
何事にもまず感謝する・・。


皆がこの心を忘れないでいたら・・

批判しあったり対立しあったり

もっと大きな事でいえば戦争もなくなるかもしれませんね~。



うまくいかない事があっても、
文句や愚痴を言う前に、まずは感謝(む、むずかしそう




201007263.jpg
お寺の外の「らかん庭」

仏様がずらり・・

201007265.jpg

ああ、心洗われる・・(笑)




せっかちで怒りん坊の私でありますが
まずは「ありがとう」と手を合わせることから始めよう。
  (長くなってしまったので、法話の続きは次回に~)

 



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。