スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強会
2010年03月21日 (日) | 編集 |

ちょっと
これやったのちゃちゃでしょう?

20103122 (1)
おなかの中に糸がたまっちゃうよ!
お顔が入っちゃう大きな穴だよ。

    
 

 
3月19日(金)
動物管理センターにて「ボランティア」「ふれあい活動」についての
講義がありました。

お話をしてくださったのは静岡県動物管理指導センターの講師さん。

20103193.jpg


パートナー(コンパニオンアニマル)と一緒にふれあい活動に参加する中での
注意点や心構えのお話。

そして、ボランティアとはなんぞや!?のお話。

「ボランティアは、相手に対して一方的に何かをしてあげることでなく
相手の気配り思いやりを受け入れることもボランティアです。」


「ボランティア=奉仕活動ではありません。
自分から相手を見下し、かわいそうな人、気の毒な人に・・という慈善活動ではありません。
本来のボランティア活動とは「ヨコ」の対等な関係なのです。」


ふむふむ。
なるほど・・、と聞きながら、
はて?今までの自分はどうだったろうか・・?と考える・・

こうして活字として読むと難しく感じてしまいます。



まあ、気負わずあせらず、肩の力を抜いてやってみましょう~~


ね、ちゃちゃ。 

・・・ぶふふ・・




201032320.jpg
  あたし、かぶりもの好きです


    



動物管理センターの職員のみなさん
企画してくださったみなさん

ありがとうございました。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
むむ、むずかしい。。。
お話の内容、紹介して下さったことの他にも、
いろいろ勉強になる話があったんでしょうけれど、
なんだか・・・すごくむずかしいね。
たぶん、ボランティアの対象が「人の場合」は、
確かにそうなんだろうなあ・・・と、
いろんな災害地のニュースを見聞きして、感じました。
ワンコの場合は、純粋に「かわいい・気の毒」でも、
良いような気がしちゃった(^_^;
2010/03/22(Mon) 19:01 | URL  | SOO #wlM9cqNQ[ 編集]
SOOちゃん
書き方が悪くてごめんなさい(>_<)
管理センター主催の訪問活動は、老人ホームや療養施設などが主なので、
訪問先の入寮者の方達に対して、こういった心構えが必要ですよ・・、というお話でした。

動物そのものを救う、レスキュー活動の中での
保護動物に対してはSOOちゃんが思ってくれたように
純粋な気持ちがあってこそ・・、だよね・・。
2010/03/22(Mon) 19:58 | URL  | ちー #ofxKis3k[ 編集]
いえいえ。。。
そういうお話だと思いましたよん。
書き方が悪いなんてことないです。
恐縮です。。。<(_ _)>

ボランティアの話とは違うんだけど、時々思うのは・・
病院で、ご年配の方に、丁寧語じゃなくて、子供相手のように、
お話をされる介護の方、病院関係者さん、親近感はあるけれど、
聞いていて、あまり好きじゃないなあって。。。
私も、もっと年を取ったら、そういう話され方の方が嬉しくなるのかな?
2010/03/22(Mon) 22:33 | URL  | SOO #wlM9cqNQ[ 編集]
SOOちゃんへ
あ・・・、わかります・・!
わたしも好きじゃないなあ。。。
その度合いにもよるけれど、あまりいき過ぎた態度には、
ご本人も家族も傷つくのでは・・、と思います。
常に相手の立場になるって、大切な事なんだけれど難しいですネ。

2010/03/23(Tue) 11:40 | URL  | ちー #ofxKis3k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。