スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬と猫と人間と
2010年01月15日 (金) | 編集 |
今年2本目の映画。

現在シネマイ~ラで公開中の
「犬と猫と人間と」を観てきました。


この映画は
猫おばあちゃんと呼ばれる老婦人が
「動物たちの命の大切さを伝える映画を作ってほしい」と、
飯田監督に直接依頼したことから製作が始まったのだとか・・。


飯田監督は、この映画製作に携わるまで犬や猫にはさほど興味もなく
なぜ自分に依頼するのか?と、猫おばあちゃんに問うのですが
返ってきた答えは「私、人を見る目はあるのよね」の言葉だけ。

撮り始めの頃の、なんとも不安で頼りなげな監督の姿が印象的でした。

映画はドキュメンタリー形式で
この監督自身の語りの中で進んでいきます。

取材には4年間かけたのだそうです。

実在の、いろいろな犬 猫 そして人間達が登場します。

愛護団体
行政の収容施設
ホームレス


収容施設の中で死を待つ犬猫も、
ありのまま、そのままの姿で登場します。


とにかく重く苦しい映画です。
それでも、一人でも多くの人に見てほしい・・
そう思える映画でした。

動物に興味がなかったという監督ですが
そのことが、この映画をよりいい作品にしたのではないかと思います。

偏った「動物愛護」も感じないですし
誰を攻めるでもなく、今置かれている保護動物の姿を
ありのまま映しておられます。


動物が好きな人はもちろん
興味がない人も、きっといろいろな事が心に残るはずです。

お子さん達をはじめ
いろいろな世代の方に見てほしい。

重苦しく、まっすぐ見られない場面もあります。
それでも目をそらさないで見てあげてほしい。


一日も早くDVD化して
全国の小中学校の「命の教育」に役立ててほしい~!

そう思いました。

最後に映画の中で心に残った言葉を書きますので
これから観に行かれる方は
ここまでで・・

私のつたない感想?を一緒に読んでいただき
ありがとうございました!
葉  葉  葉  葉  葉


映画の中で特に心に残ったシーンです。


監督さんが、動物管理センターで
収容された犬猫の処分に携わっておられる職員さんに

「こういった仕事をどんな思いでされているのか」

質問する場面がありました。


その質問に対する、職員さんの言葉です。


「自分は犬も猫も好きです。

だから(処分するのが)自分でよかった・・って思っています。

動物が嫌いな人と、好きな人では、その扱いも違うから・・。


だから、最後に手をかけ見送ってあげるのが、自分でよかった。」






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この映画のことは数か月前にNHKで特集していて
知っていたんですけどとても私には観に行く勇気がなくて・・・

本当は目をそむけてはいけないことなんだって
わかっているんですけど予告を観ただけで大泣きしてしまってダメなんです。

でも、多くの方に観て欲しいと思います。

この監督さん、ワンコ苦手だったみたいだけど
保護されているワンコを飼おうと今、努力して
ワンコと接しているって言ってたけどどうなったのかな?
ビクビクしながらワンコを触っていた姿に
なんだかいい人だな~と思ってしまいました。
2010/01/16(Sat) 16:06 | URL  | 陸ママ #-[ 編集]
陸ママ さんへ
勇気がなくて・・、というお気持ち、
とってもよくわかりますー!

この日記、映画を観てから時間をおかず、ショックな中書いたので何だかまとまりがないですね。
みなさんに無理に勧めるつもりはなかったのですが
すごく勧めてますねーー(汗)

私なりに、犬や猫が、今どんな状況におかれているのか、
知っているつもりだったのですが・・
深い部分のこと、全然わかっていませんでした・・。

この監督さんに対しては、私も陸ママ さんと同じようにいい人だと、
そして、あたたかい人だなあと思いました。
真摯な姿勢で、先入観なく人間にも動物にも向き合って撮影されていると感じました。
保護ワンコを迎えようとされている・・?というのは知りませんでした。
でも、きっといつか犬か猫を家族に迎えるのではないかなあ・・、
そんなふうに思える監督さんでした。
2010/01/16(Sat) 20:58 | URL  | ちー #ofxKis3k[ 編集]
わたしも・・・
なかなか見る勇気が出ません・・・
ちーちゃんの言うようにこういう映画は「強制的!?」にでも
小さいときに見せるべきではないかと思います。
結局、映画館に足を運んで観てみよう・・と思う人は
動物に対して興味があったり愛情を持っている人なのではないか・・と思うのですね。
なんとも思っていない人、嫌いな人が、果たしてわざわざ観に行くだろうか?と思うんです。
職員さんの言葉じゃないけど・・・
2010/01/17(Sun) 11:52 | URL  | くろじゅんちゃ #/K/OOziQ[ 編集]
くろじゅんちゃへ
そうだねえ、
興味の無い方はわざわざ映画館まで出かけていかないよねえ・・。
そうすると、やっぱ授業で取り上げてもらうのがいいかな。
動物を好きになってもらう・・というのではなくて(そうなってくれたら嬉しいけど)
人間と同じように、命のあるものってあたたかいのだ・・
ということを小さな頃に感じてもらうのは大切だよね・・。
そいういこと、大切に思う大人になって、そしてお父さんお母さんとして子供に伝えてほしいです。
・・・、なんか、話がでっかくなっちゃった・・(笑)
くろじゅんちゃ、ありがとうーー(^^)


2010/01/18(Mon) 10:43 | URL  | ちー #ofxKis3k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。