スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイクロチップ
2009年10月26日 (月) | 編集 |
ちょっと日記をサボってしまいましたが
今日はいきなり長いです(笑)


25日 サークルマムさん&ゴーキャッツさん主催の
マイクロチップ勉強会に行ってきました。


ちゃちゃにマイクロチップを入れたのは2年前のこと。

迷子札や鑑札は自分で器用に取ってしまう
首輪に電話番号を書いても、もし外れたら意味がない・・

そんなことから最初は、ただ単純に「迷子防止」の面から
マイクロチップを入れようと思いました。

そしてマイクロチップについていろいろ調べてみると


「人間の都合で有害かもしれない物質(異物)を入れるなんて、動物虐待では?」

「読み取り機を置いている行政(保健所など)が少なければ意味がないのでは?」
   *読み取り機=リーダーはハンディタイプの手軽なものです
そういった意見がある事を知り
またそういった意見を読むと、ほおお・・、なるほど・・と思う事もあり、
当時はずいぶん悩みました。

それでもちゃちゃにチップを入れたのは、
外れない・破損しない迷子札はマイクロチップ以外にはないこと。
(体の中に入れるのですから当たり前ですが・・)

読み取り機がない場所が多いといっても、
逆に考えれば、読み取り機を設置する場所もあるということ。

チップを入れてあった方が、
万が一の時家に帰ってこれる確率が上がる事に違いないのです!


そして、その頃サークルマムさんやゴーキャッツさんの活動をHP上で読むようになり、
迷子、飼育放棄・・・、様々な状況から保護される犬や猫の多さを知りました。

現状のひどさに驚き、
こういう不幸な動物を減らすのには
一頭一頭の子たちに絶対に外れない「身分証明」なるものが必要だなあ・・
そんなことを強く思いました。

ブリーダーさん、ペットショップ
または家庭でお産して、そのパピーを譲る場合、
どんな場合にも、生まれて登録するパピー全頭にマイクロチップが義務化されれば・・。

義務化されれば、読み取り機を持つ事も当たり前になり
そうすることで、人間側の責任感も増すでしょう。

簡単な気持ちで動物を迎え、
要らなくなったから捨てる・・

そういう人間を減らすことにつながるのでは?


200910265.jpg
   ちこ、こんなに走れるようになりました。骨折したのがウソのよう・・ 



理想には程遠い現状ですが
まずは、うちのワンコにマイクロチップを入れよう!

有害でないことは、ちゃちゃの健康で証明しましょう~
(考えようによってはひどい母です。ちゃちゃごめん・・)

そう思って入れたのでした。

決して、お~、マイクロチップ~~、と
飛びついて入れた訳ではないのですよ~(笑)


葉  葉  葉  葉  葉  葉  葉


さて、前置きが長くなりましたが
勉強会のお話です。



日本には、マイクロチップのメーカーが4社あるそうで、
今回は「ライフチップ」という製品を作られている
大日本住友製薬㈱担当の方の講義をお聞きしました。

ちょうど、ちゃこ達が入れているのも このライフチップ。
(体温測定機能もついているんですよ~)
同じ製品のお話が聞けてよかったです。


チップの大きさは直径2ミリ、全長13.5ミリの円筒形。
専用の機械(先端が針様になっている)の中にチップを仕込ませ、
注射する要領で施工し体内に入れます。

このチップを入れる時の痛み・・
家族としては気になるところですね~

私も最初にちゃちゃに入れた時には針の太さにびっくりしたものです。
痛がり方・・、反応はそれぞれでしょうが
ちゃちゃ&ちこは、体が少しピクンとした位で
ほとんど反応なしでしたjumee☆faceA4

気持ちを話してくれないので(笑)本当の所は不明ですが、
見ていた限りでは、予防接種程度の感じでは・・??


200910261.jpg
   あたしは平気だったよ~

痛みが心配だったり、処置の苦手な犬猫の場合は
避妊(去勢)手術の麻酔をかけた際に一緒に入れるのがいいですよ・・
というお話でした。


マイクロチップの安全性については、

☆発がん性などの異常は、1987年初めてイギリスで導入されてから
今まで、その報告はゼロだそうです。

☆チップ挿入時の腫れなどの皮膚症状は3日以内に消失。

☆一番心配される副作用は「体内での移動」
せっかく入れたのに移動して、番号を読み取れなかったら意味がないですものね・・
ライフチップには移動防止の機能がついているため
その心配はないということでした。

200910264.jpg
  こ~んなに走ってもズレないの~


日本ではマイクロチップの普及率はまだまだなのですが、
阪神大震災を契機に、関西方面は普及が進み
近年都市部ほど普及率が高いのだそうです。

そして、そういった都市部を中心に
マイクロチップを挿入・登録後に販売するペットショップも少しずつ
増えているそうです。

最近では全国あちこちで地震がおきています。
東海地震は、すぐにおきてもおかしくないといわれています。


200910263.jpg
 このこ達は名前も住所も伝えることができません


その時になって後悔しないため
大切な家族を守るため

名札や鑑札はもちろんのこと、
一番確実な「迷子札」となるマイクロチップの挿入を、
ぜひぜひ考えてみてください。

費用は、動物病院ごとに料金設定や機種が違うので定額ではありません。
ちゃちゃ・ちこの場合は、一頭5000円でしたよ~

チップは生涯に一度だけ。
予防接種のように毎年打つ必要はありません。

問題の読み取り機を持つ行政が少ないという点は、
普及率が高い地域ほど、所有する機関が増えてきているということです。

これからマイクロチップの普及率が増えれば
そういった面も変わってくるのでは?
そう期待しています。

ちなみに、私の住む地域では獣医師会に所属している動物病院、
また、すべての保健所が所有しているそうです。

担当の職員のみなさん
お手数ですが迷子のワンニャン達に必ずリーダーを当ててあげてくださいね~。

そのひと手間で、救われる命があるのです。
そして、これからそういった子は、増えていくはず・・!
その願いを込めて この日記を書きました。

ここまで読んでくれたみなさん
ありがとうございます。

マイクロチップを入れる事を検討中だったり
迷われている方の参考になれば嬉しいです。


勉強会に参加させて頂き、マイクロチップの大切さを再認識することができました。
サークルマムさん、ゴーキャッツさん
ありがとうございました。


200910266.jpg

天ちゃんもチップ入れようね~色付きアスタリスク-5sReg*PeachPink(白-薄い背景用) †SbWebs†



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
考えてみるね
良さはわかっているけれど、なかなか行動を起こせないんだよねえ。
特にクーヨンは、身体が小さいから、かわいそうで。。。
でも、もしものことがないとはいえないものね。
以前、保護したお嬢は、かかりつけの小さな病院で、
リーディンング(っていうのかな?)してもらったけど、
付いていませんでした。
こんな小さな病院でも、リーダーを備えているんだあぁ・・・と思ったものです。
この間のクーの手術の時に、付けてもらえば良かったなあ。。。
2009/10/27(Tue) 12:45 | URL  | SOO #wlM9cqNQ[ 編集]
SOOちゃんへ
そうだね・・、クーヨンは小さくて華奢だから
心配も大きいね・・。

ちゃちゃに入れる前、いろいろ検索して
獣医さんが自分の飼猫にチップを入れる様子を公開していて、
そのニャンコさんのドーンと肝の座ったお顔見て(笑)安心した記憶があります。
BOOさんにも理解していただけたら嬉しいなあ・・(*^_^*)
2009/10/27(Tue) 20:36 | URL  | ちー #ofxKis3k[ 編集]
マイクロチップ
考えてはいるんですがなかなか出来ません。
災害とかの事を考え、常時迷子札付き首輪を付けてはいるんですが・・・
これだけでは心配ですよね。
う~ん、前向きに考えなくっちゃ!!
2009/10/28(Wed) 21:33 | URL  | ちゅみちゅみ #mQop/nM.[ 編集]
ちゅみちゅみさんへ
迷われるお気持ち、とってもよくわかります~!

言葉を話せない子達の、身分証明になってくれる事を期待して・・
ぜひ検討してみてください(*^_^*)
2009/10/28(Wed) 23:00 | URL  | ちー #ofxKis3k[ 編集]
マイクロチップ
私もずっと迷っています。
日記を読んでほとんど痛みもなく副作用もないとの事なので…
前向きに検討してみたいと思いました。
何かあった時…それが怖いので
ただ、まりんは異物に過剰反応するのでちょっと考えてしまうなぁ。。


麻酔をかけた時に…知っていたら避妊手術の時にしたかったと思いました。
病院でもそういう時に勧めて下さるといいですよね!
いろいろ参考になるお話をありがとうございました。
2009/10/29(Thu) 20:49 | URL  | ラーまあママ #8u5HJkQc[ 編集]
ラーまあママ さんへ
この記事を書きながら、まりんちゃんの事考えました・・。
マイクロチップの素材は、生体に無害なポリプロピレンと生物学的適応ガラスで、
生後1か月から装着できるほど安全で無害だそうです。
異物反応による炎症や発癌性などの副作用はない・・、という事です。
それでも心配に変わりはないと思いますので、
まりんちゃんの獣医さんにも聞いてみてくださいね~

動物病院の先生方の考えも少しずつ変わってきてるようです。ラーまあママ さんのお話のように、病院側から麻酔の必要な処置時に紹介するようになったらいいなと思っています。
2009/10/30(Fri) 00:08 | URL  | ちー #ofxKis3k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。