スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4年の時間薬 その1
2009年06月05日 (金) | 編集 |
6月3日 父の4回目の命日でした。

去年の日記を見てみたら、ジュリ・両親の死後、
周囲で不思議な事がおこる・・なんて書いてありましたjumee☆faceA109

そうだったっけねえ・・・

そういえば、ここ最近不思議な出来事は全くおこりません。
父も母も夢にも出てこなくなり、とんとご無沙汰ですよ。

両親揃ってあちらの世界で楽しんでいるのかな・・
それとも不思議な出来事自体が、自分の心が作りだしたものだったのかな?


葉  葉  葉  葉  葉



5年前の夏。
家を建て替えすることになった私達夫婦&ジュリ・・
キッチンは明るく、リビングはジュリが過ごしやすいようにしようねと、
新しい家に夢いっぱいの毎日を過ごしていました。

そんな中で、ジュリの癌が判明。
あっという間に悪化し天国へ逝ってしまいました。

その2ヶ月後に母とのお別れ。
そして父もまた天国に・・。

お葬式や法事の間に、新しい家が完成し引っ越しです。

わずか半年間の出来事。
ついていくのに精いっぱいでした。

いい年齢のオバさんなのだから、しっかりしなくては!
悲しんでばかりではいけない、なんとか元気にがんばらなくては。

そう思うのに体も心もついていけず、
真っ暗なトンネルの中に迷い込んだような苦しい日々。


落ち込む私に友人が、「時間薬」があるから・・、

時間が悲しみを和らげてくれるから、それを待とうね、と励ましてくれました。



       2009060426.jpg
        田植えが済んで蛙がゲコゲコ。もうすぐ梅雨ですね。



友人の言葉通り、
時間薬は、ゆっくり優しく効いてきたようです・・ほほえみ


                                 つづく
                         

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。