スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールウェイズ三丁目の夕日'64
2012年01月21日 (土) | 編集 |
オールウェイズ三丁目の夕日'64

観てきました。

公開初日にあわせて行くなんて初めてのこと。

パンフレットを購入するのもいつ以来だろう?


201201222.jpg

東京タワーがニュ~っと飛び出てきて・・
3Dはそれなりに楽しめました。


1964年
東京オリンピック
このキーワードだけでグッとくる世代には
たまらない映画です。


映画の中の言葉
「幸せとはなんでしょう」

心に深く残りました。




2012012201.jpg
今から散歩に行くのだ~ byちゃこ天


幸せとはなんでしょう?



きっと正しい答えはないんでしょうねえ。
人それぞれに描く幸せは違うものね。



わたしが今思う幸せは
いつも通りの毎日を
静かに元気に暮らせることかな。

なおさんがいて
ちゃちゃ・ちこ・天と一緒の
ふつうの毎日が
どんなに幸せな事か。

去年のたくさんの災害が教えてくれた・・。



3丁目のみなさん
いい映画をありがとう !


スポンサーサイト
映画
2010年05月02日 (日) | 編集 |
晴天が続き嬉しい連休ですね~♪

わが家は、なおさんの仕事が入っているため遠出はできませんが、
普段よりはゆっくりペースの生活でそれなりの連休を過ごしております。

今日はなおさん仕事終了後、久しぶりに街中の映画館へ行きました。


映画の前にまず腹ごしらえ。

「おいしい」と評判を聞き、行ってみたかったボスバーガーへ。

201005021.jpg
ふわふわのバンズ・肉感たっぷりのハンバーグ・シャキっとしたレタス
ほんと、おいしい~♪


お皿に盛りつけられたハンバーガーを



201005023.jpg
紙に挟んで食べます(背景になっちゃってますが白いのは紙です)


ファストフード店とは違う美味しさ・・手作りの味でした。



映画は上映時間がちょうどいいタイミングだった
「アリス・イン・ワンダーランド」

3Dのディズニー映画。
大人になったアリスのお話です。

こんな年齢で観ていいかしら?と思いましたが
周囲は同年代と思われるオジサンオバサンがたくさん・・(笑)


ジョニーデップファンのなおさんですが、
感想はうう~む・・、だった様です


私はそれなりにおもしろかったですが
女性向き(大人も子供も)の映画だなと思いました。

ところで5月末期限の映画チケットがあと4枚・・。
観に行く時間あるかな!?



映画の後は、べんがら横丁「もり家」さんの讃岐うどんを食べました。


201005024.jpg
温玉うどん。醤油だけのシンプルな味付けです。

最近うどんにハマっていて、いろいろなお店でいただきますが
こちらの「かけ醤油(だし醤油)」は味が薄めでした。



201005025a.jpg



3日から始まる浜松まつりの前夜祭。

あちこちラッパの音が響いていました。





犬と猫と人間と
2010年01月15日 (金) | 編集 |
今年2本目の映画。

現在シネマイ~ラで公開中の
「犬と猫と人間と」を観てきました。


この映画は
猫おばあちゃんと呼ばれる老婦人が
「動物たちの命の大切さを伝える映画を作ってほしい」と、
飯田監督に直接依頼したことから製作が始まったのだとか・・。


飯田監督は、この映画製作に携わるまで犬や猫にはさほど興味もなく
なぜ自分に依頼するのか?と、猫おばあちゃんに問うのですが
返ってきた答えは「私、人を見る目はあるのよね」の言葉だけ。

撮り始めの頃の、なんとも不安で頼りなげな監督の姿が印象的でした。

映画はドキュメンタリー形式で
この監督自身の語りの中で進んでいきます。

取材には4年間かけたのだそうです。

実在の、いろいろな犬 猫 そして人間達が登場します。

愛護団体
行政の収容施設
ホームレス


収容施設の中で死を待つ犬猫も、
ありのまま、そのままの姿で登場します。


とにかく重く苦しい映画です。
それでも、一人でも多くの人に見てほしい・・
そう思える映画でした。

動物に興味がなかったという監督ですが
そのことが、この映画をよりいい作品にしたのではないかと思います。

偏った「動物愛護」も感じないですし
誰を攻めるでもなく、今置かれている保護動物の姿を
ありのまま映しておられます。


動物が好きな人はもちろん
興味がない人も、きっといろいろな事が心に残るはずです。

お子さん達をはじめ
いろいろな世代の方に見てほしい。

重苦しく、まっすぐ見られない場面もあります。
それでも目をそらさないで見てあげてほしい。


一日も早くDVD化して
全国の小中学校の「命の教育」に役立ててほしい~!

そう思いました。

最後に映画の中で心に残った言葉を書きますので
これから観に行かれる方は
ここまでで・・

私のつたない感想?を一緒に読んでいただき
ありがとうございました!
[続きを読む...]
映画 アバター
2010年01月15日 (金) | 編集 |
映画が好きで、ときどき観に行くのですが
2010年 1本目の映画鑑賞は
「アバター」でした。


1月3日 ららぽ~との映画館で観たのですが
すごく混んでいてビックリ絵文字名を入力してください

お正月休みだからなのか?
アバターが人気なのか??

ほぼ万席のシアターは久しぶりでした。


無料の鑑賞券をいただいたから行ったのですが
テレビで流れる、戦いシーンばかりの予告編に
あまり気乗りせずに出かけました。

・・、が・・、
これが、なかなか良かったですーー!


ストーリーは、
パンドラ星という、地球から遠く離れた星のできごと。

そのパンドラ星の先住民「ナヴィ」と
調査のためにその星に住み着いた「地球人」
との話でした。

パンドラに侵略していく地球人に
現在あちこちでおこっている戦争が重なります。

ストーリーの展開が早く
3Dの迫力もあり、見ごたえのある映像です。

メッセージ性が強く
見る人それぞれに、監督の思いをどこまで受け取れるか・・

私は受け止めることができたかしら?
そんなふうに感じました。

それから、最初はギョッとした「ナヴィ」
最後の方では、すごく魅力的に見えてきました。

表情を変化させ制作しているのか、
それとも見ている側の感情の変化なのか・・
不思議でした。

小さなお子さんには難しい内容ですが
他はどの年代の方も楽しめる作品だと思います。


そうそう・・・

カールじいさんの時にも思ったのに同じ失敗が・・。

3Dのメガネがきつくて(顔がでかいのか?)
すごく痛くて鼻筋の痕もクッキリ残った~(笑)

一緒に観に行った夫は
メガネの上にメガネ、だったので、すごく疲れたと言ってました
でも痕は残ってなかった・・、なぜ?顔の幅??

これから3D映画を観る予定の皆さん、
メガネと鼻の間に何か挟んだ方がいいかも、です!


この映画の監督をした、ジェームス・キャメロンの次回作は
広島の原爆をテーマにしたものだそうです。

アメリカ人である監督が
どんなふうに原爆を描くのでしょう・・。


カールじいさんの空飛ぶ家
2009年11月25日 (水) | 編集 |
「カールじいさんの空飛ぶ家」の試写会に行ってきました。
(試写会初当選でしたキャッ

トイ・ストーリーやニモなどでおなじみ、
ディズニーのアニメーション映画です。

お子さん向けのファミリー映画かもなあ・・、
そう思いながらの試写でしたが、
これが、素晴らしくよかったのですキラキラ

心あたたまるストーリー
美しい映像
涙あり笑いあり、そして可愛らしい?ワクワク感あり・・。

主人公はもちろんカールじいさん。
そこに少年が加わり物語が進んでいきます。
中盤からワンコ達も登場するのですが
これがまたいい味を出していて・・
犬の事を本当に愛してる方が作られてるなあ・・、と感じる場面が多々あり。


200911251.jpg
   大好きなヌイグルミといつも一緒 by天



ワタクシ的には久々の直球ど真ん中、ストラ~イクな作品でありました(笑)

テレビの予告で観たいなあ・・と思っておられるみなさん。
おすすめですよ~

200911252.jpg
   3Dで見ると とても奇麗なんだって♪ by天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。